Join us on a literary world trip!
Add this book to bookshelf
Grey
Write a new comment Default profile 50px
Grey
Subscribe to read the full book or read the first pages for free!
All characters reduced
日本名婦伝 - 完全版 - cover

日本名婦伝 - 完全版

英治 吉川英治

Publisher: micpub.com

  • 0
  • 0
  • 0

Summary

吉川英治による日本名婦伝の完全版です。
この一冊に、吉川英治の日本名婦伝が全巻分収録されています。

日本名婦伝は、日本の歴史上の偉人たちの婦人たちの短編集です。
彼ら偉人たちの活躍の背後には、その婦人たちの内助の功がありました。
楠木正成の妻久子や、豊臣秀吉の正室寧子など、妻の立場から見た偉人たちのエピソードが多数掲載されています。

Other books that might interest you

  • 話が通じない人の思考 - cover

    話が通じない人の思考

    養老 孟司

    • 0
    • 0
    • 0
    東京大学名誉教授で解剖学者の養老孟司が語る、「話しが通じない人の思考」。現代人のコミュニケーションの変化をさまざまな視点から語ります。 ・携帯メールは「言文一致運動」? ・なぜ「解剖学」を選んだのか? ・本当の自分って何? ・昔といまの約束・契約の違いとは? ・「独創的な考え方とは、誰にも理解できないものではなく、むしろ誰にでもわかること、共感できることでなくては意味がない。」という氏の講演は、現代人が抱え持つ「孤独」の悩みや、コミュニケーション能力低下の問題を解消してくれるきっかけになるでしょう。
    Show book
  • 般若の知 - cover

    般若の知

    玄侑 玄侑宗久

    • 0
    • 0
    • 0
    福島県の臨済宗福聚寺住職であり、芥川賞受賞作家である玄侑宗久氏による講演のcd。現代人は何を望んでいるのか?人の悩みとは?行く先のわからない人生を乗りこなす智恵とは?人が本当の実力が発揮できる状態とは?人生の困難や転機、自分の生き方を振り返るタイミングにさしかかった時、漠然とした不安や虚しさが襲ってきたら耳を傾けてほしい玄侑氏の講演。
    Show book
  • イシス 聖なる 女性 - cover

    イシス 聖なる 女性

    Moustafa Gadalla

    • 0
    • 0
    • 0
    形而上学的・物理的な聖なる女性原理と、顕現する20の女性的属性について解説。 
    形而上学的及び物理学的観点から見た創造の源としての神聖な女性原理、女性・男性原理の関係(とその一体性)を説明した日本語版の刊行物。女性的属性の顕現としての女神約20柱に関する説明や、全世界にあまねく広がるイシスのイデオロギーが果たす役割などの多くが含まれる。包括的な情報を持つ本書により精神だけでなく、変化にとんだあらゆる感情が喚起され、心も満たされることだろう。 
    この増補版は、八つの章と三つの付録で構成されている。 
    「第1章:: 創造の母」では、創造におけるイシスの役割と、創造全体のイメージ、彼女のレーとオシリスとの関係性について取り上げる。 
    「第2章:イシスの二元性」では、創造のサイクルにおける神の知性と宇宙の子宮としての、基本的な二元的性質を取り上げる。 
    「第3章:: イシスとオシリス ― 動的な二人組」では、宇宙の創造すべての生成と発達における、イシスとオシリスが組み合わさった役割について取り上げる。 
    「第4章:イシス:『神』の母である処女」では、イシスによる息子ホルスの穢れ無き聖なる受胎、処女性、自身の幼子を連れての悪の脅威からの飛行と逃避、そして息子の命の犠牲について取り上げる。 
    「第5章:イシスとオシリスの数秘学」では、イシスとオシリスの数である2と3 ― 創造と成長の原始的な数字について取り上げる。また、この2つの数字がすべての形状と形態、音楽的調和、宇宙のリズムを生み出すことについても説明する。 
    「第6章:イシスの多様な属性」では、創造された宇宙における女性的原理としてのイシスの化身である、16人の女神について取り上げる。 
    「第7章:すべての地で愛される者」では、エジプトの宗教の世界的な広がりについて取り上げる。エジプトの信仰がいかにキリスト教に根付いているか、古代エジプトのイシス関連の儀式が、どのようにキリスト教の聖母マリアの祭事としてエジプト暦と同じ日に取り入れられるようになったかについて説明する。 
    「第8章:強大な心」では、人類が求める安寧と癒しを与える、イシスの永久的で強い影響について取り上げる。 
    「付録1:寓話とエジプトの宇宙論」では、よくできた寓話が、すべての情報を誰もが得られるように複雑な物事を伝達する ― 唯一でないとしたら最良の ― 方法であることについて取り上げる。 
    「付録2:エジプトの宇宙的寓話 ― イシスとオシリス」では、イシスとオシリスのエジプトの寓意についての短い物語を紹介する。聖なる女性原理としてのイシスの役割と、その顕現、適用を強調するものだ。物語は欠けた破片に記されており、それぞれの破片が形而上学な価値を持っている。 
    「付録3:心と魂 ― 形而上学的な反映」では、心(イシス)と魂(オシリス)の形而上学的側面と、人間がどのように心と魂の統合を成し遂げられるかについて取り上げる。
    Show book
  • 日本とアジアの共生 - cover

    日本とアジアの共生

    姜尚中

    • 0
    • 0
    • 0
    1997年のアジア通貨危機を経験したことで、東アジアにもeuとは違う「共同体」の構想が求められるようになり、その実現には北朝鮮問題の解決が成立の大きな試金石。同時に東アジア地域における冷戦構造の終結も意味する、と語る姜尚中氏。政治学者・東京大学教授であり在日韓国・朝鮮人二世でもある氏の歴史観・政治経済論。魅力的な語り口で日本・中国・韓国・北朝鮮のこれからを伝えます。
    Show book
  • 古代エジプトの文化を解き明かす - cover

    古代エジプトの文化を解き明かす

    Moustafa Gadalla

    • 0
    • 0
    • 0
    歴史の古さ、宗教的信仰と慣習、社会・政治体系、建築、言語、音楽、科学全般、天文学、医学、経済などの数多くの局面を解き明かす。 この補訂版は、四部全一六章に加え、三つの付録から構成されている。 「第一部:エジプトの民」は下記の四章からなる。 「第一章:始まり」では、考古学的証拠、歴史的証拠、物的証拠に基づく、少なくとも39,000年に及ぶ古代エジプト期について言及する。これには、獅子座の時代やスフィンクスの他、正確性が際立って高いエジプトのソティス暦などの例が挙げられる。 「第二章:エジプトの民衆」では、(古代)エジプト人のルーツとその特徴に加え、エジプト人の世界各地における定住地について述べる。 「第三章:最も敬虔なもの」では、エジプトの宇宙論についての概要を極手短に述べる。一神教や多神教、動物のシンボリズム、世界の創造などについて触れる。 「第四章:社会的・政治的秩序」では、母系社会・家母長制原理の基本と応用について述べる。妻方居住共同体、草の根共和体制、二重監督・管理統治システムや、文書記録にあるエジプト社会全ての事柄に関するに言及する。 「第二部:宇宙との相関関係」は、第五章から第七章までの三つの章から構成されている。 「第五章:上の如く下も然り」では、エジプト人の生における宇宙意識の原理と応用について述べる。また、それらの原理の形としての周期的な再生の祭りについても言及する。 「第六章:宇宙とつながるファラオ」では、最高奉仕者として仕えるエジプトのファラオに課される真の規則について言及する。これには、人々がどのように統治していたのか等の事柄が含まれる。 「第七章:エジプトの神殿」では、エジプトにある神殿の実際の目的と機能についての概要を語る。当章では、調和のとれた設計パラメータなどについて言及する。 「第三部:博識なエジプトの民」は、第八章から第十二章の五つの章から構成されている。 「第八章:神聖な言葉」では、アルファベット形式の表記や象形的かつ形而上学的なシンボル/書体などに関する古代エジプトの表記方法、またエジプトのアルファベット言語の文化的な側面についても言及する。 「第九章:エジプト音楽の遺産」では、多種多様な楽器や合奏に加え、古代エジプトの舞踏などに言及しつつ、エジプトの音楽遺産に関するあらましを簡単に説明する。 「第十章:医療と医学」では、世界で最も高く評価されているエジプトの医学についての簡単な概要を述べる。これについては、医療専門職、またはエジプトの医学的古文書に残された、様々な病気に対する診断、治療、処置、外科手術に関するいくつかの記述のほか、様々な処方薬に関して言及する。 「第十一章:天文学」では、天体観測とその記録、黄道周期などに関する驚くほど緻密な天文学に関する知識とその実用について触れる。 「第十二章:幾何学と数学」では、神聖幾何学、自然科学、測地学、数学、数秘学というテーマで簡単な概要を述べる。また、神聖黄金比に関する知識と応用についても触れる。 「第四部:活力ある経済」は、第十三章から第十六章までの四つの章から構成されている。 「第十三章:耕作文化」では、社会的分業や農村社会に言及しつつ、乾燥地帯での優れた農
    Show book
  • 世界潮流と日本の進路 - cover

    世界潮流と日本の進路

    寺島実郎

    • 0
    • 0
    • 0
    2008年秋に世界中を襲ったグローバルな株式・金融危機。三井物産戦略研究所所長の寺島実郎氏による、まさに金融危機直前とも言える2008年春の講演を収録。ロシアを中心としたエネルギーマネーの台頭、地場産業の開発よりも金融にチカラを入れる危険性、為替の魔術性、日本の超低金利政策がもたらすマネーゲームの実体など、現在の経済問題を考える上で無視できないポイントを分かりやすく語っています。ビジネスマンのみならず、「いま」の混乱の日本経済を生き抜くため、これからの日本の将来を考えるためには必聴の講演。
    Show book